ガンプラレビュー『MG 1/100ボールVer.ka』組み立て|最弱のボールが主人公メカに見えてきた

2020年8月29日

こんにちは。1体ごとにガンプラ制作の上達を目指す書道家Kです。

ガンプラ制作4体目は『MG 1/100ボールVer.ka』です。メカデザイナーのカトキハジメさん監修の『Ver.ka』ですね。最弱のはずのボールが主人公メカ並みにカッコよくなりましたぜ。

MG 1/100ボールVer.kaキットの内容

※『MG 1/100ボールVer.ka』のパッケージと取説
※『MG 1/100ボールVer.ka』のパッケージと取説
※ボールには専用の台座が付属
※ボールには専用の台座が付属
※マスターグレードのデカールとマーキングシール
※マスターグレードのデカールとマーキングシール

メカデザイナーのカトキハジメさん監修の『Ver.ka』なので、普通のMG(マスターグレード)と異なり白いパッケージです。

台座が付属しているのはうれしいポイントです。確かに、ボール単体ではディスプレイに難儀してしまいますからね。

そして、デカール類ですが、マーキングシール1シート、ドライデカール1シートが付属しています。これがかなりの量で、取説通りに貼ると半日かかります。

MG 1/100ボールVer.kaの組み立て

※MGボールの内部フレーム
※MGボールの内部フレーム
※MGボールの底とスラスター
※MGボールの底とスラスター

人型のモビルスーツと違い、ボールは本体とアームの組み立てが中心なので、MGと言ってもそんなに大変ではありません。ただ、細かい・・・。

※MGボールのコクピット周り
※MGボールのコクピット周り
※『MG 1/100ボールVer.ka』の完成
※『MG 1/100ボールVer.ka』の完成

今回は仮組をせずに、パーツを組む際に【ヤスリ掛け】【部分塗装】【墨入れ】を行っていきました。

これは自分にとって最良な方法を探る実験でしたが、あまり効率的とは言えませんでした。やっぱり、それぞれの工程に集中した方がいいかもね。

ちなみに、オレンジ色で墨入れをしていますが、これは取説を参考にしました。カッコいいよね。墨入れは黒系だけでなく、オレンジでもイケる事を知りました。

MG 1/100ボールVer.kaの細部

※MGボールのコクピットハッチ
※MGボールのコクピットハッチ
※MGボールのキャノン砲
※MGボールのキャノン砲
※MGボールのアームを折りたたんだ状態
※MGボールのアームを折りたたんだ状態
※MGボールの後ろ側
※MGボールの後ろ側
※MGボールの右下
※MGボールの右下
※MGボールの右下
※MGボールの右下
※MGボールの底のバーニア
※MGボールの底のバーニア

ボールはシンプルが故に各部の形状がカッコよく見えます。また、モールドが秀逸!デカールが秀逸!ガンダムシリーズ内では最弱なはずのボールが、主人公メカに見えてきました。

組み立ての反省点は多々ありますが、今回は特に『マーキングシール』の貼り方に反省しました。

マーキングシールは全てそのまま貼ったのですが、パーツからはみ出したり、カーブで浮いてしまったりしました。どうやら貼る前に、余剰部分をカットすればよかったみたいです。

文字や模様の部分だけを貼り付けるということですね。次に活かそう!

MG 1/100ボールVer.kaのギミック

※MGボールはコクピットハッチの開閉が可能
※MGボールはコクピットハッチの開閉が可能
※MGボールのアームの稼働
※MGボールのアームの稼働

ボールは他のMGモビルスーツと同様にコクピットハッチの開閉が可能です。あとは、アームが折りたたみ可能になっています。

アームを折りたためばファーストガンダムのボールに近くなりますね。

MG 1/100ボールVer.kaのまとめ

※とてもかわいいMGボール
※とてもかわいいMGボール
※ガンプラ4体全てファーストガンダム
※ガンプラ4体全てファーストガンダム

今回のボールは4体目です。『MGガンダム⇒MGシャアザク⇒MGガンタンク⇒MGボール』となります。

全てファーストガンダムですが、狙ったわけでなく、比較的入手が簡単な4体が全てファーストガンダムだったということです。

今回は最弱のボールを作りましたが、とても愛らしく、とてもお気に入りのコレクションになりました。