ガンプラレビュー『HG 1/144メッサ― 3/3』完成編|トップコートの正しいかき混ぜ方知ってる?

2020年9月2日

こんにちは。書道家Kです。ガンプラ沼にハマって更に運動不足になった書道家Kです。

今回は『HG 1/144メッサ―』②の続きです。これまで様々な実験を行ってきたメッサ―がついに完成します。

仕上げと組み立て

※トップコートのかき混ぜ方
※トップコートのかき混ぜ方
※つや消しと半光沢の2種類のトップコートを使い分け
※つや消しと半光沢の2種類のトップコートを使い分け
※屋外のスプレー掛けはたいへん
※屋外のスプレー掛けはたいへん
※あとは組み立てるだけのメッサ―
※あとは組み立てるだけのメッサ―

プラモデルの最後の仕上げはトップコートです。トップコートはデカールや塗装の剥がれを防いでくれます。ある程度ね。

そんなトップコートですが、正しいかき混ぜ方を知っていますか?先日メーカーのHPを見て、正しい混ぜ方を知りました。

スプレー缶というと、上下に振る印象がありませんか?実際は左右に振った方が良いということです。

中に塗料を混ぜるためのボールが入っていますが、そのボールがクルクル回る状態にするのが最も効果的だという事です。

ということで、基本的に左右に回して、時々上下に振って、左右上下100回以上振ったらスプレー開始。

『HG 1/144メッサ―』の完成

※HG 1/144メッサ―の全容
※HG 1/144メッサ―の全容
※HG 1/144メッサ―のバックショット
※HG 1/144メッサ―のバックショット
※ビームサーベルを持ったメッサ―
※ビームサーベルを持ったメッサ―
※飛び上がったメッサ―のバックショット
※飛び上がったメッサ―のバックショット
※ライフルを構えるメッサ―
※ライフルを構えるメッサ―

メッサ―は閃光のハサウェイで登場するモビルスーツですが、僕は詳しい事を知りません。ただ、アナハイムエレクトロニクスが極秘裏に開発し、譲渡される機体ということは知っています。

アナハイムなのに、見た目が完全にジオン系というのが面白いですね。劇場公開が待ち遠しいです。

『HG 1/144メッサ―』の詳細

※メッサ―のブレードアンテナ有と無し
※メッサ―のブレードアンテナ有と無し
※メッサ―の左肩の文様
※メッサ―の左肩の文様
※メッサ―の左足の稼働
※メッサ―の左足の稼働
※メッサ―の縦には『義』の文字が!
※メッサ―の縦には『義』の文字が!

今回は、僕がメッサ―に詳しくないので先入観が無いということもあり、好き勝手に弄りました。

特にブレードアンテナは大成功!坊主頭にワンポイントついて、イケメンになったと思います。

肩の文様は金の穂を使って適当に書いています。『義』の文字もあまり意味はありません。メッサ―なので『滅』も考えたのですが、縁起が悪そうなので避けました。

あと、膝と肘の可動域はすごいですね。HGでここまで可動域が広いなんて、さすがは最新キットです。

『HG 1/144メッサ―』のまとめ

※MGシャアザク・HGザク・HGメッサ―の比較
※MGシャアザク・HGザク・HGメッサ―の比較

今回メッサ―を作りましたが、作っているうちにいろいろな想像が湧いてきて、改造したくなる不思議な魅力の機体です。まずはカラーリングを変えてみたいですね。ザク色・ドム色・グフ色・・・。

また、最新のキットということもあって、とても作りやすいと感じました。初心者も上級者も楽しめるキットだと思います。

さあこれで3回にわたってお届けしたメッサ―の記事は終了です。長いことお付き合いいただきありがとうございました。次のガンプラ記事も見てね♪